ページ先頭へ雑誌・取材・お問い合せ

太刀振神事



當神社の御神幸の神事は「御蔭神事」と申し、いわゆる「御生れの神事」として當神社最重要の神事である。 海部氏の極秘伝に依れば、これは奥宮の元初の御祭神豊受大神の御生れの祭りとして発祥したが、後に豊受大神を祭った海部氏の祖神彦火明命が、宿縁により現身の丹波道主命となって天下蒼生に御稜威を垂れ給う神事と伝えられる。前記のような両神の関係を、「多次元同時存在」と宮司は名づけている。

この御神幸(お渡り)には、太刀振神事と云う典雅雄壮な特殊神事が遠く平安時代初期から行われている。更に神代からと伝えられている鶺鴒囃し(ささばやし)の古儀も行われるが、これは爺と孫、即ち祖孫共演の笹竹のはやしであり、弥生時代農耕社会の一つの習俗を、現代に伝えるきわめて貴重な神事であると云われている。