ページ先頭へ雑誌・取材・お問い合せ

重要文化財  魔除狛犬

石造狛犬 二基(鎌倉時代作)

社頭の狛犬二基は鎌倉時代の名作として重要文化財に指定されています。その昔、作者の魂が狛犬にこもり、石の狛犬が天橋立に暴れ出て通行人を驚かしたので、たまたま仇討ちに来ていた豪傑岩見重太郎が一夜待ち伏せ、剛刀で狛犬の脚に一太刀浴びせたところ、それ以来社頭に還り事無きを得て、爾来魔除けの狛犬と云われて霊験があらたかになったと伝えられています。

詳しくは当社図録『元伊勢の秘宝と国宝海部氏系図 -改訂増補版-』に収載されています。