ページ先頭へ雑誌・取材・お問い合せ

籠神社 奉賛会について

本宮 籠神社

天上に於いて日月二神(天照・豊受両大神)の交わされた幽契(かくれたるちぎり)が、尊くもこの地上において化現された霊跡・真名井原。まさにそこは日本の神祭りの原点であると同時に、我々日本人にとっての魂の原郷であります。

ここ真名井原に於いて二千数百年という悠久の年月を刻みつつ、吉佐宮としてあるいは籠神社として根本神祭祀が継承されてきた事は、人智を超越した深遠なる御神慮の存する事と拝察致します。そして今後とも子々孫々に亘りその祭祀と伝統を守り伝えていく事が我々に課せられた責務であり、それが祖国日本の再生と天下万民の和楽の基となる事を確信しております。

どうか大神さまの深い御縁によりつながられました皆様にも、御事情の許されます方は御神徳の宣揚と普及の要である當神社奉賛会員として、是非ともお力添えを賜りたく、ここに謹んでお願い申し上げる次第であります。

奉賛会の概要

目的

本会は籠神社及び奥宮真名井神社を崇敬し、その御神徳を宣揚して隆昌を図り次ぎに掲げる事業を遂行する事を目的としています。

事業

境内の拡張・整備
神社営造物の修理並びに増改築
神徳宣揚に関する諸般の施設の建設
その他

会員の主な待遇

入会奉告祭

入会時には御神前に御奉告し、会員証・記念品等を送付致します。

毎朝の祈祷

御日供祭に合わせ、会員の皆様の家内安全と健康長寿をお祈り申し上げます。

誕生祭

会員のお誕生日を神様に御奉告申し上げ心身健康の御祈祷を奉仕し、
お下がり・記念品を送付致します。

殿内参拝

御参拝の折には、特別に拝殿内で参拝ができます。
会員証をご提示下さい。

神札・干支木札守の授与

特別に奉製された「籠之大神・眞名井大神」の神札と干支木札守を毎年歳末にお届け致します。

会報・社報

当会の会報並びに各種研修会・親睦旅行等への御案内を致します。

お正月

お正月七日までに御参拝頂いた方に干支土鈴を特別に授与致します。
会員証をご提示下さい。

  • 会員種別 年会費
    正会員 10,000円
    賛助会員 30,000円
    特別会員 50,000円
    名誉会員 10万円以上
  • ※特別会員以上は祭典時玉事奉奠がございます。
  • お申し込み方法