ページ先頭へ雑誌・取材・お問い合せ
ご参拝・ご祈祷

人生儀礼

安産祈願

妊娠五ヶ月目の戌の日を選び、お産が軽くすみますよう、又健やかな玉のような赤ちゃんが生まれますよう祈願いたします。当社では同時に持参して頂いた腹帯をお祓い致します。

誕生の祝い

年毎の誕生日には神社にお参りし、御神恩を感謝し、健康で実り多き一年を過ごす事が出来るよう祈願します。

初宮詣り

大神様の御神慮により愛でたく誕生した赤ちゃんを、はじめて神様にお引き合せし、これからの健康と幸福を家族そろって祈願します。一般的には、男女共に三十日前後にお参りする習わしが有ります。

喰い初めの祝い

生後百日目に赤飯・餅・尾頭付の魚・野菜・勝栗・吸い物等を調え、赤ちゃんに食べる真似をさせ健康長寿と、一生食べるものに困らないようにと願いを込めて祝膳を囲みます。尚、当社ではご希望の方に、初宮詣りの時に喰初めのセットを授与致しております。

初節句の祝い

生まれて初めての節句で、女児は三月三日の雛祭り、男児は五月五日の端年の節句に、末長く幸福で健康でありますように祈願します。

七五三詣り

三歳・五歳の男児、三歳・七歳の女児が、十一月十五日前後にお参りし、無事成長と心身健康を祈願します。又その頃は幼児発育上の転機であり種々な危険の伴う時期であります。当社では祈祷の他、貸衣装・着付け・祈祷をセットにした「七五三パック」も承っております。

十三詣り

男女共に十三歳になれば、神社にお参りし福徳と知恵を授かる様祈願します。

成人式

男女共に二十歳になれば、成年となったことを感謝し、今後共立派な社会人として自覚を持つことを誓い、祈願します。

厄除祈願

厄年を忌むことは古くから行われ、一般に男子二十五歳・四十二歳、女子十九歳・三十三歳を以て最も厄難の多い年とされてきました。その前後三年を前厄・本厄・後厄と称し忌み慎み、神社に詣で厄除の祈祷をする習わしとなっています。厄年に当たる方は、その年の元旦より節分までに厄祓いを受け、祓い清めます。当社では一月一日~五日までの五日間は「厄除大祭」の期間として神楽奉納をしております。

厄年表(数え年)
前 厄 本 厄 後 厄 御礼参り
男 性 24歳 25 26歳 27歳
41歳 42 43歳 44歳
女 性 18歳 19 20歳 21歳
32歳 33 34歳 35歳

◆その他厄年として、男性36歳・女性37歳・男女共回り年・男女共61歳の還暦があります。
◆数え年について
儀礼のほとんどは古くから数え年にて行われていますが、成人式は満年齢で行われます。
◆数え方
この世に出生した時点で1歳となり、お正月を迎える毎に年が増えます。(満年齢に誕生日が過ぎていれば1歳加え、まだであれば2歳加えれば数え年になります)

  • 平成のお蔭参り「神恩感謝」

    ただ今、籠神社では私たちの身近な神様である豊受大神(衣食住の神様であり、産業全般の守護神)に日々の暮らしや職に就けていること、仕事が成り立っている事などの気持ちを伝える「神恩感謝奉告祭(しんおんかんしゃほうこくさい)」を毎日承っております。大神様へ感謝の気持ちを伝えたいという皆様の尊いお心を当社神職が大神様との中執り持ちをさせていただきご祈願いたします。